自然素材使用へのこだわりに共感しました金沢市N様邸

Why?

A.自然素材使用へのこだわりに共感しました

金沢市N様邸

ウッドスタイルデザインで家を建てようと決めたポイントは、「施工事例の作品集をじっくり見せていただき、私たちのイメージにぴったりでしたし、室内の床、壁、天井、外壁にまで全て自然素材を使用しているそのこだわりに共感したからです。」とN様。きっかけは、「ウッドスタイルカフェをよく利用させていただき、カフェの室内に自然素材が多く使われていて、私たちの家づくりのイメージにぴったりだと思いました。」との事で、ご来社いただきました。また、小さな子供のいるご夫婦にとっては、お打ち合わせをしたカフェで子供を遊ばせることができ、リラックスしてお話を進められることもポイントが高かったようです。

「家」を持つにあたり、実現したかったことやこだわりは、奥様「カフェ風の雰囲気を演出する内装と効率がよい家事動線の確保、収納スペースの確保を優先させて間取りの打ち合わせをしました。」ご主人「幅が取れない敷地だったので、部屋ごとにスキップフロア的な段差をつけて格好よく空間の違いを演出する事を意識しました。」

住み心地は「床は能登ヒバ材の無垢フロアを使い、とっても足さわりがよくてスリッパは使っていません。子供たちも裸足で走り回っています。室内全体が自然素材で仕上げられているので、新築独特の匂いはなく、玄関に入った瞬間から木の香りが漂い、リラックスできます。また、遮音性の高い断熱材や窓のおかげで外の騒音が吸収され、今まで住んでいたところと比べて、室内が驚くほど静かで快適に過ごしています。」と笑顔でお答えいただきました。ご満足いただいて嬉しい限りです!

一番のお気に入りの場所はリビングとの事で、「設計の段階で日当たりのシミュレーションをして窓の配置を決めたので、ほとんどお隣の家の影響を受けることもなく、明るくて気持ちがいいです。また、金沢ではあまり見かけない漆喰の外壁とレッドシダーの組み合わせで仕上げたシンプルな外観もお気に入りです。表札も外壁の一部として作ってもらったんです!これは他では手に入らないものなのでとても気にいっています。」との事でした。「営業の方も設計の方も私たちの細かい要望に対して的確なアドバイスと判断材料をくださいました。おかげさまで迷っていたことにスムーズに結論を出すことができました。」と嬉しいお言葉もいただけました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です