癒しを体験!

こんにちは!土地探しのために新しいスニーカーを買った永井です!

 

冬の暖房として「床暖」。

床暖は憧れる方多いですよね!体感してしまうと絶対アイテムです。

その他の冬暖房アイテムとして憧れるのが、「暖炉」ではないでしょうか。
永井のお客様は薪ストーブやペレットスーブ必須の方が多いんです!
そこで!
体感してきました!
金沢市近岡町にある「ウッドペッカー」さんへお邪魔してきました。
薪ストーブと言えばココに行けば素敵なスタッフと素敵なストーブに出会えます。
お恥ずかしながら永井は薪ストーブが未知でして
勉強のためにお邪魔してきました。
ストーブのように温かなスタッフさんの対応で癒されてきました。
「薪ストーブ」と「ペレットストーブ」があるそうです。
では、一体何がちがうのでしょうか・・・
木を燃やして炎の暖かさ利用したストーブですが同じ様で違うそうです。
大きな違いは「排気」「燃料」の違いです。
☝ペレットストーブは電気ファンを回して強制的に燃焼後の
排気を屋外へだしているために電源がついてます。
なのでペレットストーブの設置工事は壁に穴をあけて排気管を屋外にだすだけなので簡単ですね!
薪ストーブの排気は煙突の「ドラフト効果」というのを利用しているそうです。
ドラフト効果って?!
☝煙突の中に外気より熱い空気が入ると浮力が生じて暖かい空気が上昇する自然現象のこと。
なので電気を使わなくても排気できるわけですね!
煙突にも注意があるみたいなので
薪ストーブの設置工事は大掛かりになりそうです💦
屋根を工事したり煙突部材や工事の料金も高額になり、ストーブと同じぐらいの費用が別途かかりそうです。
もう一つの違いの「燃料」。
薪の「大きくてかさばり、燃やすのが大変」という欠点を解決し
使い勝手を石油に近づけるため、木をあらかじめ細かく砕いて小さな粒に整形したものがペレット
ペレットはハムスターの餌みたいでした(笑)
購入となれば配送にもお金がかかります、森林組合さんやお店に紹介してもらう方法もあるそうですよ。
薪は自分で山を持っている方は調達できそうですね
ただし「乾燥」させないといけないです。1年ぐらいは乾燥がいるそうです!
保管場所も必要です💦
ペレットは自分で作ることが出来ないので薪に比べて現実的かもしれませんね。
自動補給なのでなくなっても自動投入してくれるのもおススメかもしれません。
いかがですか?ペレットにするか薪にするか迷いますね^^
9月でしたが薪ストーブをつけてくださいました。
炎は癒し効果抜群ですね!薪が焼けるパチパチと音がして
その音も癒しです♪
そろそろ、こんなお話が合う季節になってきましたね。
お洗濯物乾きにくい時期になります💦
お洗濯物、家事のお困りごとありませんか?
特にお洗濯のお困りごとは永井ブログを読んでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です