ウィリアム・モリス

こんにちは

長い梅雨が明け、真夏がやってきました!

暑さに負けず、元気いっぱい山瀬です。

 

近頃、お客様とお話ししていると登場するワードが!

「ウィリアム・モリス」

 

みなさんご存知でしょうか?

1800年代後半に活躍した、「モダンデザインの父」と呼ばれるイギリスのデザイナーです。

「美しいと思わないものを家に置いてはならない」というほど美しさに追及し

草花や樹木をモチーフとしたデザインが有名。

約150年以上の歳月を経ても今なお色あせないデザイン。

私も、数年前にあるお宅の壁紙に採用されているのを見て以来、虜になった一人です。

 

ウィリアム・モリスの壁紙は細やかなデザインと色彩。

お値段は少し張りますが、この壁紙にしか出せない美の世界が魅力です。

 

今週末から開催の内見会のお宅でも採用しています。

草花や鳥など自然をモチーフにしているので、木材や自然素材の空間にも相性が良く、

私たちがオススメする能登ヒバの家づくりにもピッタリ合い、素敵な空間を作り上げてくれています。

 

柄のある壁紙を取り入れてみたいけど、

どんな仕上がりになるのか不安な方、ぜひ実物を見て、ワクワクしにいらしてくださいね。

 

今回の内見会は予約です!

↓くわしくは

[ 予約制 ]内見会開催!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です