木を知るvol.14_木の装飾

家の中にも外にも

「木」を取り入れることで、ぐっと趣が出ます。

和風にも洋風にも

「木」は安らぎを与え、家の大切な役割であるくつろぎの場を演出してくれます。

 

「木」といっても

樹種やデザインは様々。

何の木をどのように当てはめるか?

で様々な表情を醸し出してくれます。

 

少し特徴的な装飾をご紹介↓

〇能登ヒバのうろこ貼り

20200728_秋山様邸内見会イメージ_キッチン

石川の県木「能登ヒバ」を魚のうろこのように貼り合わせた装飾。

木の経年変化で、あめ色になり、少しばらつきが出てくるので

日が経つほどに味わい深くなっていくのを楽しめます。

ノトヒバカラベーカリーのカウンターにも採用されています。

 

 

〇不燃木材「もえんげん®」の下がり壁

ガスコンロの場合、一続きの部屋は不燃材を用いなければなりません。

下がり壁にもデザイン性を持たせたいときにおススメです。

ガラスをはめ込むことで圧迫感もなく、装飾を楽しめます。

 

〇杉のベベルエッジの鎧貼り

難しい言葉が続きましたが・・・

木材を直角でなく、斜めに加工した板材(ベベルエッジ)をよろいのように上下に少しづつ被せて貼り付けたもの。

南京下見板張りとも言ったりします。

今週末開催の内見会場で採用されています→詳しくはこちら

 

木目や節、質感、香り・・・

知らず知らずに木の魅力を感じ取っている私たち。

ウッドスタイルデザインではお客様の思いに寄り添い

こだわりの空間を作り上げています。

木を取り入れた安らぎの空間。とっても素敵ですよ。

 

 

 

↓ご予約・ご相談

LINEアイコン LINE 友達追加

↓SNSからその他最新情報をチェック


↓家づくりの様子を動画でチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です